News / Information

一般社団法人日本自転車販売士協会 > 自転車アドベンチャー > 自転車の安全を自分で守れますか

2022.10.17

自転車の安全を自分で守れますか

自転車販売士は自転車の安全を見守り続けることが仕事です。
そして様々な販売現場で「自転車の安全」について伝えるのも仕事です。
それはご自身で守っていただくことの「重要性」をお伝えしなくてはいけないからです。
守ることはご自身の安全でありそれが誰かの安全も守ります。

  • 道路標識を守ることで交通事故のリスクが大きく減る
  • 自転車のトラブルの多くは定期点検で防げている
  • 自転車の安全を意識することでしか安心は得られない

事故や危険は常に「事前に意識する」ことで防げることがほとんどです。
でも、事前に意識しないから交通事故も起こります。
一旦停止で止まればよかった、空気が減っている時に空気をいれておけばよかった。
事後に後悔してもまさに「後悔先に立たず」になります。

もちろん事故に遭った、危険に遭遇した方は「安全への意識」は高くなったと思います。
ルールを守っても守らなくても大丈夫と思えることで安心が続けばいいのですが
行動ではしばし、意識の低い走行にも遭遇します。

自転車への安全を意識を高めることでも
防げる事故やトラブルはたくさんあります

一覧

お問い合わせ